茂爺の日常と呟き

爺さんの日常と呟きを綴ります

お節介 2

今日は朝から家の庭の草刈りです 明日から当分天気が悪そう 一時間半ほど苅って ミッシャマイスキーのバッハの無伴奏を コロンビアのサンアグスナルの深炒りの珈琲を点て朗々たるチェロを聴き休憩 なかなかいいものです そうそうお節介のことですが9月24日に本人と家族が来てくれ 本人は乗り気でその気になっていたのですが 今度は奥さんがショートステイで認知の方を介護していて頭のなかが不安で一杯になり夢にまで預かる人がでてくる始末これではいけないと話し合って先方に事情を話し御断りしました そのとたん安心したのかどうか 貧血をおこしさそのまま寝床に運び就寝 大変なプレッシャーをかけていたのだと反省 ということでお節介は中途半端で終わりました
スポンサーサイト
  1. 2017/10/11(水) 11:10:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

弦楽6重奏

昨夜岐阜の上石津にある日本昭和音楽村に弦楽6重奏を聴きに行ってきました 作曲家山口夜誌の財団の記念館があるところで人工湖のあるほとりで記念館 ホール コテージ レストランがありミュージシャンたちが合宿をしたりできます 場所は三重県と岐阜県の県境の山のなかでこんなところにこんなものがと驚きの場所です 鮮やかな夕焼けを背に会場に250人収容の音の良い会場がほぼ満席15日16日岐阜と名古屋での演奏会のリハの為無料となんともお得な贅沢なコンサート 曲目はシュトラウス弦楽6重奏曲 オペラ カプリッチョ よりと ブラームス弦楽6重奏曲第1番変ロ長調の1楽章から4楽章の2曲でした良い音楽 良い音の贅沢な一刻でした 演奏者の皆さん 昭和音楽村のスタッフの方々ご苦労様 ありがとうございました 感謝します
  1. 2017/09/15(金) 08:43:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お節介

二十歳の前半国鉄時代 寮の先輩の紹介で寮の近くの宿舎にいる先輩を紹介され先輩の宿舎に入り浸りそれ以来着かず離れず50年 今奥さんが亡くなり脳梗塞を患い認知症の一人暮らし暫く会っていなかったのですが 娘さんとははたまに どうしてる と連絡を取っていたのですがその中で大津の粟津に住んでるいる先輩と向日町と嵯峨野に住んでいる娘たちの手に負えなくなり施設にと入れることを考えているとの話しがでたのがきっかけで私のお節介が頭を持ち上げ軽い気持ちで 此方にきたら施設にはわりと容易く入れるよと言ったのがきっかけで先週日曜日娘さん二人と長女の旦那娘と子供本人の6人で来てくれました 本人は片麻痺 多少の認知はあるものの至って元気 この状態で施設に入れるのはと意見が一致ショートステイとディサービスで対応することで意見が一致先輩も私達夫婦と住んでもいいということになり お試しと預かる事に決定 私の奥さんも了解してくれました 取り敢えずやってみます お節介に終わらぬ事を願って
  1. 2017/09/10(日) 10:30:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山頭火

今日は昼からいなべ市の藤原町の藤原文化センターに 山頭火の四国遍路 と言う映画会を講師に元名古屋テレビ報道局長を迎え開催され古本屋さんで本を買い予備知識を買い向かいました ひなびたところとに名古屋あたりからも来ていて200人を越える大盛況 山頭火の生きていた時代の篤志家の見る目の確かさ同人誌 層雲のネットワーク 山頭火の人柄が山頭火を生かしていたような気がします まだまだ山頭火にちょっと取り付いたところで慌てずゆっくりとその魅力に浸って行きたいと思います 屈折した精神構造も魅力のいったんですが
  1. 2017/09/02(土) 21:17:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

秋です

横の田圃の稲が色づき 轡虫がコウロギが鈴虫が鳴き始め ここ2日窓を全部閉めて寝ています でも今年はまた体力の衰えを痛感しております でもまた横並びに 老人 年寄とかたずけて欲しくありません いろんな人がいるように いろんな年寄がいてもいいのでは 老人会 介護通所サービスを見ていても感じます そんなことより体力の衰えを時間で補うか 少しでも体力をつけるための努力をするか考えなくては 生涯現役を目指すなら
  1. 2017/08/31(木) 21:48:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ